石原ひろたか

自由民主党東京第三選挙区支部 衆議院議員
HOMEひろたかの政策 > 社会資本整備の推進

ひろたかの政策

社会資本整備の推進

公共事業費は2002年の14.9兆円をピークに2010年以降、2010年6.4兆円、2011年 5.3兆円、2012年7.0兆円(民主党政権)、2013年 6.3兆円、2014年 6.0兆円、2015年(予算)5.9兆円、2016年(予算)5.9兆円(自民党政権奪還後)と推移しています。

「コンクリートから人へ」との民主党のスローガンのもと、公共事業費が削減されたかとの印象がありましたが、東日本大震災もあり、民主党政権時代でも、6兆円前後の予算が継続しました。
公共事業=悪といった考え方は、私は間違いであると、近年は考えるようになりました。

羽田空港の再拡張・国際化が平成22年10月にスタートし、利便性は著しく向上しました。東京都の中央環状品川線も2015年3月に完成し、環状6号線の渋滞は緩和され、首都高の環状線の渋滞も緩和され、便も大変良くなりました。必要な社会資本整備を進めることは経済活性化、効率化のために重要であると私は考えるようになったのです。

低利の融資を行う独立法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構により、2015年3月には北陸新幹線が開通し、大きなブームを呼びました、また、2016年3月には北海道新幹線が開通しました。低利融資ということで、将来的に資金は回収されることから、国が借金をすることなく、新幹線の整備が進むスキームなのです。

私の選挙区でも、国費を投入した道路整備が進んでいます、都道26号線(武蔵小山-大井町間)、また、耐火・遮断道路として建設を予定する都道29号線(大崎-馬込間 事業費約430億円)、放射第2号線(西五反田 事業費226.8億円)にも、事業費の半分が国費として投入されます。

更に、羽田空港跡地の大田区が開発を行う第一ゾーンの区画整備費約130億円の4割についても、国と都から事業費が投入されます。

国土交通省の新規鉄道路線整備に関する審議会で、重要路線と位置付けられたJR羽田新線(東京駅、新木場駅、大井町駅三方から羽田空港を目指す路線 事業費約3,000億円)や蒲蒲線(東急蒲田と京急蒲田を結ぶ新線 事業費約1,300億円)にも、将来、着工された場合、国費から3分の1が投入されます。
以上の事実からも、財政上の制約はあるものの、公共事業費だけ削って、将来の備えを行わないことは、禍根を残す危険性があることが分かると思います。今後、必要な社会資本整備は、自公政権で導入したBバイC(コスト・便益分析)を前提に、しっかりと取り組んでいくべきだと私は強く考えます。

東京第三選挙区
石原ひろたか事務所
大井事務所
〒140-0014
東京都品川区
大井1-22-5八木ビル7F
地図はこちら>>

TEL 03-3777-2275
FAX 03-3777-3902

国会事務所
〒100-8981
東京都千代田区永田町2-2-1
衆議院第1議員会館813号室

TEL 03-3508-7319
FAX 03-3508-3319

お問い合わせはこちら
憲法問題を考える
リアルタイムな活動をチェック!
石原ひろたかのBlog、Twitter、Facebookの公式アカウント
  • 石原ひろたか公式facebook
  • 石原ひろたか公式twitter
  • 石原ひろたかオフィシャルBlog
ページTopへ戻る ▲